校長挨拶

今年度、伝統ある掛二小の校長職を拝命致しました岡本敦子です。御前崎市立浜岡東小学校から赴任して参りました。平成から令和へ移り変わる記念すべき時に素直、元気、反応抜群の掛二小の子どもたちに出会えたことを大変幸せに感じております。
今年度の重点目標は昨年度に引き続き『やさしく伝え合おう 進んでやろう』としました。教職員集団『チーム掛二小』が一丸となり、子どもたちのよさを見つけ、「勇気づけのボイスシャワー」をたっぷり浴びせかけます。子どもたちは、自分のよさを認められることで心が整い、掛二小の子どもたちが本来持つ優しさが更に膨らんでいくことと思います。
子どもたち、保護者、地域の皆様と教職員が手に手を取って安心・安全な掛二小をつくって参りたいと思います。
御支援、御協力をよろしくお願い致します。

夢に向かって 自分を磨く子

「水泳選手になってオリンピックに出場する」といった将来につながる大きな夢、「逆上がりをマスターする」といった新たな自分につながる夢(目標)、「夢はまだない」等、『夢』への子どもたちの意識はそれぞれです。そして夢はその時々で成長したり、変身したりする等、その場に留まっていません。
子どもに内在する能力を発揮させる2つの力は、「身近な他者からの勇気づけ」と「自分自身が設定する成長目標」です。目標のない人間に努力は生まれにくいものです。
全ての子どもが自分のよさが言えること、全ての子どもが自分自身のよさを生かした夢や目標を持つこと、全ての子どもがその夢実現のための努力計画を立てて本気で挑戦する姿が、掛二小の学校教育目標『夢に向かって 自分を磨く子』につながっていきます。 
掛二小の昨年度の全国学力学習状況調査質問紙から自己肯定感の高さがうかがわれました。これは、家庭や地域、学校で子どもたちのよさを認め励ましている結果と思われます。
1 自分にはよいところがある。(本校93.3%、全国84%)
2 先生はあなたのよいところをほめてくれる。(本校86.5%、全国85.3%)3 将来の夢やも目標を持っている。(本校84.2%、全国85.1%)
今年度も子どもたちが前向きに取り組めるように、温かいまなざしで子どもたちを認め励ましていきたいと思います。

いじめ防止基本方針

掛西学園では、毎年「いじめ追放宣言」をし、いじめを未然に防止する取組を進めています。掛二小でも、子どもたちが安心・安全に過ごすことができるよう、職員が一丸となって取り組んでいます。