トップページ

栄川中学校のホームページへようこそ

栄川中学校は、掛川市の中心部より北東に位置しており、学区の北部には、「茶」の文字で有名な標高532メートルの粟ヶ岳がある。文字通り国内でも屈指の茶の生産地である。高い教育力を有した地域で、現在は掛川市の学園化構想のもと、栄川学園として地域と協働して学区の子どもを育成する取組を推進している。

新着情報

生徒会選挙、立会演説会

 平成30年度後期・31年度前期の生徒会本部役員選挙、立会演説会が行われました。

 今回の選挙では、4人が正副会長選挙に立候補し、それぞれの候補者が公約を力強く訴え、推薦責任者が候補者のよさをアピールしました。いずれの候補者、応援者も素晴らしい内容の演説でした。また、選挙の運営にあたり、選挙管理委員が「無効票は絶対出さないように」と強く訴えたり、前日準備や受付での有権者の確認を的確に行ったりするなど、責任をもって役割を果たしました。

 栄中生の真摯な態度、誠実さがよくあらわれた選挙でした。

 

 

 

 

 

2018年07月20日

がんばろう!栄中④!!

 陸上部は、1年生5人、2年10人、3年生10人の総勢25人で活動しています。自己記録更新を目指して、「一意奮闘」で大会に臨みます。平成30年度小笠中体連総合体育大会の最後を飾る陸上競技大会は、7月31日(火)、エコパスタジアムで開催されます。

 

 

 

 

 

2018年07月20日

環境講話

 総合学習の中の環境学習の講師として、公益社団法人静岡県産業廃棄物協会の皆さんをお招きし、「環境とゴミの問題」「循環型社会」について学習しました。前半は「環境問題」「地球温暖化の問題」「大気汚染の問題」等についてお話を聴きました。後半は学年別に別れ「プラスチックのリサイクル製品の具体物」「生産過程で生まれる廃棄物の再生」「工場汚水の浄化の仕組み」について、ワークショップ形式で実物を見たり触れたりしました。

 掛川市は、年間に排出する一人当たりのゴミの量が、日本で2番目に少ない自治体という説明から、3R(リデユース、リユース、リサイクル)をより意識して取り組んでいくことを確認しました。

 

 

 

2018年07月19日

後期生徒会本部役員選挙(選挙運動)

 明日、後期生徒会本部役員選挙の立会演説会、投票が行われます。先週より、勇気ある4人の立候補者とそれぞれの推薦責任者による朝の選挙運動、各学級での演説会が行われてきました。いずれの立候補者からも、栄中のこと、みんなのことを大切にし、先輩たちが築き上げた生徒会をさらに向上させたいという熱い思いが伝わってきました。

 

 

2018年07月19日
» 続きを読む